日勤のみで働く病棟看護師

病棟勤務でも、柔軟な病院ならば日勤のみの雇用もあります。病院によっては、日勤ができない分の夜勤の穴を埋めるために、夜勤専従や夜勤常勤の看護師を雇用しているところもあります。看護師の転職サイトを見てもわかるように、夜勤専従や夜勤常勤の求人が昔に比べてかなり多くなりました。
日勤が働く時間である日中は何かと忙しい時間です。患者に対する看護も、日中にほぼ完了させます。検査も日中、診察も日中、入退院も日中です。そして、申し送りが終われば勤務完了です。特別な人数が必要だったり、残業がない限りはそのまま定時で帰ることができます。
看護師といえども、家庭を持ち家族と同じライフサイクルで生活する権利があります。家庭を持っていない看護師も、普通の女性と同じようにプライベートを楽しんだり、美容も含め体調管理のための時間を取る権利があります。24時間営業店ならば、普通に夜勤専門のスタッフが配備されています。元気な若者が稼ぎたいというならば、2コマぶち抜きでシフトに入ったりします。同時に日勤専門のスタッフも配備されます。深夜専門のタクシー運転手もいます。
看護師の仕事は24時間なので、限られた人数でシフトで回すしかないという考え方はもう過去のものとなりました。
介護業界への一般企業の参入で、新しい看護師の雇用が生まれています。合理的にリスクヘッジされた柔軟な雇用体系、最終的な利益のためならば一部分の赤字は容認する利益追求型経営です。規制緩和には必ず批判がついて回りますが、その批判のとおり品質が低下したり供給が不安定になった業界は私の知っている限りないと思います。
逆に、新規参入企業は徹底した顧客サービスで、顧客を根こそぎ持ち去ろうとします。既存の団体は追従するしか無く、サービスは向上します。
全国的に看護師不足である今、それを解消するには潜在看護師の掘り起こしも重要です。そのためには、看護師が現場へ復帰しやすい環境を整えなくてはなりません。病院も変わる時代です。